山田大橋キャンプ場 A棟にログハウスに10人で宿泊

スポンサーリンク
山田大橋キャンプ場 ログハウスA棟 キャンプ場体験

東京都あきる野市のサマーランド近くに、LOG VILLAGE山田大橋キャンプ場というところがあります。
オートキャンプ場も5区画ありますが、そこは5区画全ての貸し切り利用のみ。
オートキャンプ場の利用のタイミングはなかなか無さそうですが、、重厚感あるログハウス6棟がメインのキャンプ場です。

今回我が家5人と、夫実家の両親2人、姉家族3人の総勢10名で泊まりました。テント泊キャンプは無理という義両親たちも、ログハウスだったら大丈夫。家のようにトイレもお風呂も、キッチンも布団も揃っていて家のようにくつろげます。食材と着替えだけを持っていって、非日常感覚のちょっとした旅行気分を味わえます。

スポンサーリンク

キャンプ場情報

キャンプ場LOG VILLAGE 山田大橋キャンプ場
住所東京都あきる野市網代西峰312
電話番号042-596-6555
営業期間通年(オートキャンプは3月〜11月)
施設ログハウス、オートキャンプサイト
チェックインアウトログハウス14:00〜10:00、テントサイト12:00〜11:00、
設備などその他ログハウス(キッチン、風呂、トイレ、薪ストーブなど)
オートキャンプ(温水シャワー、水洗トイレ、野外炉、すべり台、
ブランコ、多目的広場)
料金ログハウス22,000円〜 料金表
オートキャンプ6,000円だが、5区画全ての貸し切りのみ予約可能なため、
実質30,000円。

ログハウスの料金と収容人数

山田大橋キャンプ場公式HP ログハウスについて
どうやら、A棟が一番古い建物で、アルファベット順に新しいようです。F棟が一番、新しい。

値段表示は全て税込価格。1人増えるごとに1,100円追加。2歳以下無料。

A棟  10名まで55,000円。20名まで宿泊可。

B棟  6名まで33,000円。10名まで宿泊可。
C棟  6名まで33,000円。10名まで宿泊可。

D棟  4名まで22,000円。5名まで宿泊可。

F棟  8名まで55,000円。12名まで宿泊可。

今回、3家族で行くので、部屋数が多いA棟がいいと考えました。たまたま電話した時にA棟のみが空きがありました。予定の1ヶ月前で満室、土日や連休の宿泊は、早い計画が良いです。

A棟に宿泊・見取り図や画像

実際に今回、宿泊することとなったA棟について詳しく紹介します。
公式HPに見取り図が載っています。ちょっとイメージが湧きずらいかもしれません。

部屋の間取りはこのようになっていました。

山田大橋キャンプ場ログハウスA棟 間取り 画像

管理棟でチェックイン

車で、キャンプ場に入るとすぐに管理棟があります。左側の建物が管理棟。

管理人の方に来たことを伝えると、鍵を渡されることもなくそのままログハウスへどうぞ、と言われます。ドアは開いています。
料金は後払いとのこと。

管理棟、目の前の手前の建物がA棟です。

ドアを開けると、20足のスリッパが。

山田大橋キャンプ場 ログハウスA棟の室内

1階から見上げた吹き抜け

見た途端、子供のテンションが爆上がりし、すぐに室内探検が始まります。

テーブル

1階部分、部屋の奥にお風呂やトイレ、カウンターの奥にキッチンがあります。
テーブルは10人がまとめて座れる大きさ。椅子も10脚。

カウンター

カウンターにも丸太の椅子がたくさんあります。

キッチン

公式HPに記載されているように、このログハウスには必要なものが概ねそろっています。

●ログコテージ備品
キッチン
冷蔵庫、2口ガスレンジ、電子レンジ、オーブントースター、電気炊飯器、おなべ、フライパン、やかん、まな板、包丁、しゃもじ、フライがえし、缶切り、スプーン、フォーク、ナイフ、わりばし、ざる、ボール、さい箸、スポンジ、洗剤、お皿、お椀、ご飯茶碗、マグカップ、コップ、きゅうす 等
お風呂
ボディーソープ、リンスインシャンプー、足ふきマット
寝室
寝具一式、エアコン
リビング
まきストーブ、テレビ、テーブル、いす、エアコン
※パジャマ・タオル・洗面用具等はご用意下さい。

公式HPより引用

調味料は全て持参したものを利用しましたが、塩胡椒と醤油、サラダ油のみありました。
お皿やカップ、グラスなどはそれぞれ数が揃っていて、困りません。ラップやアルミホイル、キッチンペーパーもあります。

和室の畳

2階に大きな個室の寝室が2部屋あるのですが、70歳代の両親は和室で寝ることを希望。
階段上がったりも大変だし、トイレも近い方がいいとのこと。この和室には仕切りはありません。

薪ストーブ

10月だんだんと寒くなっています。薪ストーブは、薪も用意されています、別料金がかかったりすることもありません。
ストーブに薪をいれ、火をつけて炎が安定すると、見ているだけで癒されるし、とにかく家中があったかくなります。吹き抜けがあるので2階もあったかくなります。

焚き火好きな人は薪ストーブを点けるのも楽しそうです。

持参しているいつものバーナーで火を点けると簡単。

火を扱うものなので、有名メーカー、老舗メーカーの商品が安心。

1歳になったばかりの娘、よちよち色んなとこを歩き回るので、薪ストーブに近寄ったら大変、と心配でしたが、椅子を薪ストーブの周りに置いて、ガードを作ったのと残り9人で娘の動きを注意しながら見ていた、ということで無事に過ごせました。

トイレ

洗面台

室内のお風呂

清潔に掃除はされていますが、ちょっと年季を感じます。

奥のドアを開けると、露天風呂(とウッドデッキテラス)につながっています。

テーブル設置のテラス、そして露天風呂

ウッドデッキにつながっている露天風呂

ウッドデッキで、みんなでバーベーキューをしたのですが、露天風呂は丸見えの位置。
「気軽に入れなーいっ」結局、子供やパパのみが入って楽しんでいました。楽しんでいました。

ウッドデッキも広々

ウッドデッキでバーベキュー

暗くなったら、イルミネーションも綺麗。

バーベキューも一通り食べ終わって、体も冷えてくるので、夕方からは室内に移動。
暖炉のあるあったかい部屋で、お菓子や、ご飯を食べながら、姉家族が用意してくれたビンゴゲームで盛り上がり、


お風呂に入って、布団を敷いて、23時頃にはぐっすり。

布団部屋(間取り図④)

布団部屋は狭く、大人1人くらいが寝るのにちょうどいい広さ。

ここで兄がひとりで寝て、

寝室(間取り図②)

姉と子ども3人寝て、

寝室(間取り図③)

ここでは赤ちゃんと私たち夫婦が寝ました。寝室2つにはエアコンもあるので、寒くても暑くても、安心です。

ロフト

ちなみにロフトは登るのも大変で、特に布団などが置いてあったわけでもないので、寝るには難しそうな場所でした。子どもたちが探検気分で遊ぶのに楽しかったようです。

山田大橋キャンプ場 ログハウス ロフト

2階の窓からの風景。

1泊の間、いい天気に恵まれて、美味しく楽しく過ごすことができました。東京在住の我が家からも近くて、ちょっと大人数で気軽に泊まりたい、ってなった時にありがたいログハウス。
また機会があれば泊まりに来たいです。おすすめ!

タイトルとURLをコピーしました