えっちゃん家の紹介とキャンプとの馴れ初め

東京の多摩地区に住んでいます、えっちゃんです。はじめまして!

夫はヒデローと言います!一緒によろしく!

 

夫は40代、私は30代、子供は小2と4歳の4人家族です。見てわかるようにどっちもボーイです。

このブログ内では、長男を1号、次男を2号と呼ぶことにします(^ ^)

こちらのページをご覧になっている方、少なくとも、キャンプにちょっとは興味あって見てくれている方かな?と思います。

我が家がファミリーキャンプをはじめたのは、2014年の夏頃。下の子どもが1歳にもならない頃でした。

有名人がキャンプに行っている様子をブログに書いているのを見て、「楽しそう、いいなあ〜」って思ったのをきっかけに、夫に、キャンプやりたい、と言ってみたら、結構乗り気で。

なかなか、自分の興味と、夫の興味が一致するってことが少ないので、これはいいかも?と思い、情報収集を始めました。

しかし、いざキャンプって言ってもどうやってはじめるんだろう?

 

キャンプ雑誌を見たり、ネットで、個人のブログを読んだりしながら、徐々に理解を深めていきました。

とは言っても、実際にやってみるまではわからないことだらけ。

このブログでは、我が家のキャンプの記録を備忘録のように残すとともに、全くキャンプのやり方、わからない〜!けどいつかキャンプやってみたい!と思っている人にも、役に立つ情報を発信していきたいと思います。

 

キャンプスタイルは色々。わが家の場合は、あまりお金はかけたくない。

正直に言うと、キャンプって道具さえ揃えたら、お金がかからないレジャーと思っていました。

ところが、いざ、やってみると、お金かかる趣味というのがわかってきました・・・。

我が家は、道具もこだわりすぎず、必要最低限でやろう、と思ってはいたものの、必要最低限なレベルが特に最初はよくわかりません。口コミなどを信じて買ってみた道具が、実際にはいまいちだった、なんてことはよくあります。

道具の問題というよりは、自分たちのキャンプスタイルにあうかどうか、なんですよね。

買ってはみたけど、結局、必要なかったな、と思った物も。

例えば、テント泊でのキャンプの前に、コールマンの寝袋を買いましたが、今はほとんど使っておらず、布団や毛布を持参しています。普通、キャンプだったら、寝袋ってイメージがあったんですけど、寝相の悪い&ママにピッタリくっついて寝たい子供がいる我が家では多少荷物が増えてでも布団の方が合ってました。また子供がもう少し成長したら、これもまた変わってくると思います。

あとは、とりあえず最初はホームセンターで売っているような安いものを買ってみたけど、だんだんとこだわりが強くなってきて、買い替えたくなったり。

キャンプ場とか行くと、他の人のサイトをみてはうっとり。羨ましくなったり、欲しくなったりもして、物欲が掻き立てられもします。

あれもこれもいいな、と思ってしまう!キリがありません。

でもどんどんと新しく道具を増やしたり、買い替えたりしてしまう・・・。人はこれを【キャンプ沼】と言ったりします。

でも、我が家の基本は情報や見栄に振り回されず、自分たちが快適かどうか!です。

そんなに色々買う余裕がないだけ(;´д`)

年間でどれくらいキャンプに行くの?

毎週のようにキャンプに行くうらやましい家庭もあるでしょうが、我が家は、年に平均5〜6回くらいです。

ヒデローさんの休みが基本、土日だけなので土日の1泊キャンプがほとんどです。

子供も小学生になると、土曜でも登校日があったり、えっちゃんも土曜出勤があったりでスケジュールを組むのも、なんだかんだ結構大変。それに、スケジュール立てても、天気予報が雨だと、諦めてキャンセルしたり。

ヒデローさんはもっと頻繁に行きたいようだけど、えっちゃん的にはちょうど2ヶ月に1回くらいのペースがちょうど良いかな。

キャンプにかかるお金って・・・

2017年は、6回行って、11万円くらいお金使いました、それ以外に、ダッチオーブンなどを新しく購入したり、ETC代も含めると、1年間で20万円弱は使っていたようです。どんどん湧き上がる物欲を抑えつつ、です。

とはいえ、海外旅行に4人家族で行ったら、1回でも20万円くらいかかりますよね?

だったら、こまめにキャンプに行った方が楽しいんじゃないの?という我が家なりの価値観です。(旅行も好きだけど・・・)

最初のキャンプ

まず、最初は、高規格と言われる設備が整っているキャンプ場に行くことにしました。

テントもありませんが、まずは、小屋に泊まりましょう。

何もわからずに、最初に良さそう!と思って予約したのが、茨城県にある大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラです。

この本の最初の方のページに大きく載っていたので、これは間違いないと。←単純

ファミリーキャビンに泊まりました。ほんと、なんの不安もありません。

自分ちの自宅よりもよっぽど高規格です。お風呂もトイレも快適。

グリンヴィラ ファミリーキャビン

公式HPより引用

キャンプなんだか旅行なんだかよくわからないですけど笑

ハイハイの赤ちゃん連れでしたが、全然、大変じゃなくて。(しかもちょっと雨だった)

グリンヴィラ ファミリーキャビン 室内 ブログ 画像

これがもう楽しくて楽しくて、庭先で、BBQしただけでしたが、もうそれだけで、キャンプってめっちゃ楽しいね!ってなったんです。なんて単純!!!

ここに泊まったのがきっかけで、そのあとテントも手に入れて、キャンプを家族の趣味にしていったのです。

はじめてのテント泊はカントリーベアファミリーキャンプ場です。

初テント!
カントリーベアファミリーキャンプ場で初めてのテント泊キャンプ

我が家がキャンプをやってみよう!と勢いだし、初めてテントを立ててのキャンプです。 テントを買うのはまだ早い。もう少しバンガローなどでキャンプに慣れてから。と話していたのですが、ちょうど職場の同僚が、「 ...

続きを見る

我が家にとってのキャンプは、大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラが原点です。

また行きたいなあ、とは思うけど、人気で予約が取りにくいのと、我が家からは車で片道4時間くらいかかるので、簡単には行けないかな?

でもまたぜひ行きたいですね(^ ^)

 

簡単ですが、えっちゃん家の紹介と、キャンプ馴れ初めについてでした。

よろしくお願いします〜!

お知らせ

LINEで更新情報を配信しています。ぜひ友達追加してみてね♪

投稿日:2018-01-19 更新日:

Copyright© こどもと楽しくキャンプ , 2019 All Rights Reserved.