ユーザー(USER) インフレーターマット エアマット




キャンプ道具 テント関係

テント内マットはインフレーターマットが設営ラクで寝心地最高良くてオススメ!

投稿日:2018-01-20 更新日:

キャンプで、夜に快適に寝られるかどうかは、テント内の環境にあると思います。

最初はどういうマットを選べば良いのかよくわかりませんでした。

そもそも、テントの中にマットが必要かどうかも。

でも、大きな声で言います。テント内のマット、寝心地をよくするためには、必須です!むしろ、寝袋よりもマットの方が重要と考えます!うちはね。

地面と身体の距離が遠いほど快適

地面と身体の距離が近いとどうなるのか、それは底冷えが激しいからです。キャンプってもちろん外ですからね、おウチの畳とはわけが違います。結構、夜は冷えるんです。

しかも、地面はゴツゴツ。ゴツゴツの上で寝られます?結構、寝られないです。朝まで快眠できないです。

だから、テント内のマットにはこだわりたい、そう思います。よく寝れれば、2日目のキャンプも元気に楽しめますからね。

といっても、どんなマットを選べば良いのか⁇価格帯も、種類も様々です。

インナーマットの種類、色々

銀マット

費用をとにかく抑えたいなら、銀マット!

たとえば幅100cm ×奥行180cm x 厚み1.5cmのサイズだったら、4人家族のわが家で寝ているテントのサイズで当てはめると、3枚必要です。

丸めるタイプよりも折りたたみの方が使い勝手良くておすすめ。ホームセンターでも売っています。

厚みで値段が変わります。テント内で使うなら、15mmくらいの厚さがあった方が安心かと。

銀マットのメリット・デメリット

メリット

安い。

空気を入れる、膨らますなどの作業が必要なく、テントの設営時間が短く済み、楽!

テント内以外でも使える、えっちゃん家では、インナーマットとしては使っていないけど、銀マットは、テントのリビング部分をお座敷にするときなどにも下に敷きます。

キャンプ以外のレジャーでも使える。敷物がわりに使うことあり。快適です。夏はビニールプールの下にも敷いたり。汚れるので、洗わないとダメですが。。

デメリット

かさばる・・・。

 

とはいえ、銀マット、テント内のマットに使わないにしても1枚は持っておくとキャンプに便利なアイテムです!

ロゴス(LOGOS) エアウェーブ・テントマット

実は、これ、えっちゃん家で最初に買ったマット!上で紹介しているのは、SOLOっていうサイズで、幅が75㎝ですが、うちが買ったのはさらに大きなサイズです。幅が270㎝です。

ほかにも幅が133㎝のDUOというサイズもあります。

エアウェーブ・テントマットのメリット・デメリット

メリット

空気が入り、地面と身体の距離ができるので、あったかい。

寝心地良い。

デメリット

空気を入れる手間がかかる。(電動の空気入れがあればかなり便利)

昼間に空気を入れてても、寝るときには少し空気抜けている。

撤収時に空気を抜いて、畳んでしまうのが結構手間取る。

重量感あり。

うちの持っているサイズがデカかったのもあって、重いし、空気を全部に入れるのに、やたら時間がかかるし、結構な重労働でした。

寝心地は良かったので、2年近く使っていました。

ロゴス(LOGOS)エアウェーブ・テントマット 

シングルサイズだったら、扱いやすいかもしれません。良い商品であることは間違い無いです。

ロゴス(LOGOS)エアウェーブ・テントマット 

エアベッド

これ、一緒にキャンプ行くお友達家族がこういうの使っていて、正直、とても羨ましいと思っていました!

絶対に寝心地いいでしょ〜!かなり買うかどうか検討した商品です。3千円前後の安いものもあります。

お友達が使っている、空気入れはこういうの。

クルマをテント近くまで持って来て、コンセントを繋いで空気を出すから、すぐに膨らみ、楽チンすぎる。

エアベッドのメリット・デメリット

メリット

寝心地良さそう!

デメリット

厚みがありすぎて、真ん中に寝る人が空気の中に沈むとか∑(゚Д゚) 硬めな布団で寝るのが好きな人には、ちょっと寝づらいのかもしれません。

大きいので、テント内のサイズをよく考えて買わないと、テントの中に収まらないことも!

えっちゃん家の選択はインフレーターマット!

インフレーターマット

実はこれも、お友達が持っているグッズのひとつ。

空気入れなくて良い、エアマットっていうのがあるのは知っていました。でも、高価だから、最初に買うときの選択肢からはあえて外していました。

インフレーターマットのメリット・デメリット

メリット

とにかく楽!バルブを開けるだけで、勝手に空気が入り、勝手に膨らみます。

まずはテント内に広げて置いて、しばらく放置。

時間を置いて、ちょっと足りない空気を自力でいれて、バルブを閉めれば出来上がり!

デメリット

価格が高い。

と思いました。キャンプグッズを扱うお店など色々見てみましたが、シングルサイズでも、7千円くらい。これが家族4人分必要となると、なかなかの出費です。

お店でスノーピークのマットを見ましたが、シングルサイズで2万超え!ひえ〜。

見つけました。安くて使い勝手良さそうなのをインフレーターマットを。

ユーザー(USER) というメーカーのマルチエアマットです。

価格が、コールマンやスノーピークなどの有名どころの比べると、かなり安い。家族分で複数枚買うとなると結構違ってくると思います。

これは厚みが、5㎝ですが、これを4㎝のものに妥協をするともう少し、安く買えます。厚みがあるほうが快適に寝られると考えています。

ユーザー(USER) インフレーターマット エアマット

最初広げたとき、これくらいペラペラです。

ユーザー(USER) インフレーターマット エアマット

しばらく置いていると膨らみます。そして、ボタンがついているので、連結できます。ユーザー(USER) インフレーターマット エアマット

デメリットは、ちょっと連結部分で凹凸が生まれるので、それが少し微妙、と思うところと、背の高い人だったら、長さが188㎝なので、足が出ちゃうかもしれないところですかね。

でもいまのところ、快適で、設営と撤収の時間が大幅削減!!!

これはすごいことですよ〜!

 

メーカーにこだわらず探してみると、価格がそんなに高くなくても良いアイテムに巡り合えます(^-^)

えっちゃん家の選択、ぜひ参考にしてみてください!

お知らせ

LINEで更新情報を配信しています。ぜひ友達追加してみてね♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
えっちゃん

えっちゃん

4人家族の永遠の初心者ファミリーキャンパーです。 東京の多摩地方から出発しています。よく行く方面は、神奈川や静岡あたり。ゆるく自分たちが楽しめるキャンプしています。ブログ書きは、妻のえっちゃんです。

おすすめ記事

ユーザー(USER) インフレーターマット エアマット 1

キャンプで、夜に快適に寝られるかどうかは、テント内の環境にあると思います。 最初はどういうマットを選べば良いのかよくわかりませんでした。 そもそも、テントの中にマットが必要かどうかも。 でも、大きな声 ...

2

キャンプを初めてしばらく経ってから存在は知っていましたが、 カセットコンロ用のガスボンベで焼き台を作るなんて、簡単すぎて面白くなさそう、とか思っていました。 そんな思いからか、最初に買った卓上コンロは ...

3

我が家のキャンプではなんとなく役割分担ができていて、 夫のヒデローは、テント、タープなどの設営番長。そして積み込み係。 私は、着替えの準備や、キッチン周りなどの小物系の準備。 子供たちは、、まだまだ遊 ...

-キャンプ道具, テント関係

Copyright© こどもと楽しくキャンプ , 2019 All Rights Reserved.